FC2ブログ

明日への足跡

子育ては毎日が戦争

Archive [2018年09月 ] 記事一覧

自由という名の翼を持つために

目次◆ たかが宿題、されど宿題◆ 言い訳させない苦しさ◆ きっとそれが正解と信じたいたかが宿題、されど宿題早いもので今年度もそろそろ折り返しです。3学期制をとっている娘ちゃんの中学校では週明けが中間考査、2学期制をとっている息子くんの小学校では明後日から前期最後の週を迎えます。小学校入学当初は鉛筆の持ち方からかなり苦戦した息子くん。それでも担任の先生の並々ならぬご尽力によって、下手なりに少しずつきちんと読...

君たちはどう生きるか

目次◆ 涙の体育祭◆ 進路とは生きる道を考えること◆ 母校が残した財産涙の体育祭あんなに暑かった夏もいつしか過ぎ去り、ひと雨ごとに秋らしくなっていきますね。一昨日、娘ちゃんの中学校では体育祭が行われました。その日、天気予報の降水確率は70%、今にも泣きだしそうな曇り空で、決行が危ぶまれましたが、プログラムを大幅に組み替え、各学年の種目および縦割りや全体種目をすべて午前に、徒競争のような個人競技は、3年生が...

諦めがつかない未来予想図

目次◆ 発達障害であることは事実だけど◆ 無情に砕かれた希望◆ 受け入れきれない親心発達障害であることは事実だけど娘ちゃんの検査結果を臨床心理士さんから聞かされて早1ヶ月。今日は主治医による診察の日でした。総合診療科はいつものごとく、軽い問診のあと、鎮痛剤を処方しておしまい。余談ですが、頓服薬は診療点数の関係でいつも14回分がMAXなので、時々、切らしてしまうことがあり、そういった時に、市販のイブプロフェンだ...

遠くに微かに見える希望の光

目次◆ 運命の出逢い◆ 単願・併願がこんなにも難しいなんて!◆ 今をつないだ先に待つ未来運命の出逢い先週、私立A高校に恋して、他の学校はすべて霞んでしまった娘ちゃん。いろいろな学校を見て、何度も足を運んで、それから決めたらいいよと塾の先生からのアドバイスを得て、今日は私立2校の文化祭を見てきました。実は今日まわった2校は、名前だけはかなり以前から知っていたものの、私にとっては盲点でした。というのも、意外と...

LITALICOを体験してきたゾ

目次◆ サポート体制を求めて◆ オンリーワンのプログラム◆ 私の答えサポート体制を求めて今月に入ってから息子くんが登校しぶり気味です。担任の先生を始め、周囲の理解や配慮は十分にいただいているので、いざ、学校に行ってしまえばそれなりに楽しく過ごしているようなのですが、朝、靴を履いてランドセルを背負って玄関を出る、というところで、固まってしまい、行きたくないと泣きべその日も。もしかしたら、決まりきったことの...

娘ちゃんの本気

目次◆ 百聞は一見にしかず◆ そこでの3年間が想像できない◆ 夢行き階段を上り始めた娘百聞は一見にしかずこの週末の学校見学2日目。最初に訪れたのは、現状の偏差値相応?と思われる私立D高校でした。家からのアクセスはそんなに悪くなく、国際交流などに力をいれているようなので、娘ちゃんには合いやすいかな、ぐらいの気持ちだったのですが。受付でいきなり番号入りのIDカードを発行されたことにちょっとビックリ。今後、学校説...

はじめの一歩

目次◆ この学校に行きたい!◆ 足を運んで初めてわかること◆ 歩き出すきっかけにこの学校に行きたい!この週末はあちらこちらの高校で文化祭が行われています。学校の雰囲気等を知る絶好のチャンスというわけで、今日は娘ちゃんと一緒に、横浜市内の私立1校と公立高校2校を見てきました。最初に訪れたのは家から1時間ぐらいのところにある、共学の某私立A高校でした。先日、心理検査の待ち時間に、娘ちゃん本人から、できればこの学...

うちの子「も」悪い、けど…

目次◆ 習い事に行けなかった理由◆ ご都合主義の【グレー】という扱い◆ ベホマズンが使えたら習い事に行けなかった理由息子くんがお世話になっている学童では、習い事がある子は、事前に届け出をしておけば、学童から習い事に出かけて、終わったらまた学童に戻ってきて親のお迎えを待つ、ということができます。息子くんも先月から本人の希望で週1回、スイミングに通うようになり、今日はその日だったのですが。夕方、迎えに行くと...

ゼロってどういうことだろう?

目次◆ ひき算が難しすぎて泣く?!◆ ゼロとは何もないということ◆ 向き合う姿に成長を感じるひき算が難しすぎて泣く?!小学1年生の息子くん、週に2回だけ学校の宿題が出ます。A41枚の裏表に算数と国語。主に授業の復習なのですが。今日はその宿題が出た日でした。うっかり私がそのことを忘れていたので、それに取り組むことになったのは夕飯後のこと。たまたま上の子の塾のお迎えもあったので、私がお迎えに行っている間に、ちょ...

人と関わりながら

目次◆ 窃盗疑惑?!◆ 排除すればそれで解決するのか◆ KABC-Ⅱ窃盗疑惑?!先日、息子くんの学童に忘れ物を届けに行った時のことです。今にも泣きそうな顔して拳を握りしめて、4年生の男の子(以下、Aくんとします)を睨みつけている息子くんがいました。それを指導員さん3人がハラハラした表情で見守っています。Aくんが挑発するような言葉を次々に繰り出すと、とうとう我慢の限界を超えたのでしょう、あ、まずい、と私が思った時に...

左サイドMenu

プロフィール

真白

Author:真白
横浜市在住、発達障害の小1男子と、慢性疲労症候群の中1女子を抱える母です。

広告

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR