FC2ブログ

明日への足跡

子育ては毎日が戦争

Entries

知りたいのは…

お友だちから紹介されたサイトで、発達障害etcのセルフチェックができるということでやってみました。結果はこんな感じ。


shindan.jpg



まぁほぼほぼ自分の自覚通りでした。

でも、たとえば、うちの息子くんのように、自閉スペクトラム症です、と診断されたところで、ひとりひとり、程度も違えば出方も違います。先日、息子くんの同じクラスのお母さんが笑いながらこんなエピソードを教えてくださいました。

ある日の放課後、うちの息子くんがその方のご自宅の前をニコニコ楽しそうに全速力で走っていたそうです。(あとで本人に聞いたら同じマンションの子と追いかけっこをしながら学校から家に戻る途中だったのだとか。)その時に、彼は図書室で借りた絵本を落としてしまいました。それにも気づかず本人はパタパタ走っていたので、そのお母さんが「ちょっと、ちょっと、絵本落としたよー!」と呼びとめたら、本人、立ち止まって戻ってきて、のんびりその落とした絵本を拾い「あーそうだったそうだった。これねぇ、図書室で借りたから読まなくちゃいけないんだよねー」とまたニコニコ。そのマイペースっぷりにお母さんはずっこけそうになりながら、このおっとりしたキャラ、面白いわぁと思っていたそうです。

一般的に自閉スペクトラム症の特徴として、空気が読めない、人の感情を察することが苦手である、と言われます。確かにうちの息子くんもその傾向はあると思います。ただ、わりとそれはネガティブな要素として指摘されがちですが、彼の場合は、空気を読まないからこそ、たとえばみんなができていて、自分だけができなくても、それで不貞腐れて投げ出したり、癇癪をおこしたりということはありません。彼は彼なりに楽しめるのです。保育園時代にも、みんなで小川にザリガニ釣りに行って、他の子どもたちは石の隙間に糸を垂らして真剣にザリガニとにらめっこしているのに、うちの子だけはエサも流されそうな早い流れのところで、鼻歌まじりに糸を垂らして、ここでザリガニが釣れると信じていたそうです(苦笑)

こんな感じで、あくまでも今の時点では、きっと本人は、自閉スペクトラム症だから…という生きづらさのようなものはさほど自覚はないでしょうし、もしあったとしても、まだボキャブラリーがそこまでない小学校1年生では、自分の中の違和感を大人に上手に伝えることはできないでしょう。

その立場になってみて初めて気づくことや思うことっていっぱいあります。この手のセルフ診断などでレッテルを貼ることは簡単ですが、仮に、アナタはADHDですね、ってなったところで、ふーん、だから?でしかないのです。私から見ると占いの類と大差ありません。今の時代、発達障害というものがわりと認知されるようになってきて、ネットでもちょっと検索すればこういうお手軽なセルフチェックサイトとかも出てきますし、なんというか、周囲の皆さん、心配してというか、よかれと思って、いろいろなアドバイスだったり聞きかじりの情報をくださってて。案じてくださるお気持ちはありがたいのです。でも、診断がどうとか、本人や家族が知りたいことはそこじゃないんです。じゃぁ、その現実を受け止めた上で、本人が直面する生きづらさのようなものをどうしたら軽減できるのか、どうすることができるのか、親はどうサポートしていけばいいのか、ということを教えてほしいのです。一般的にどうこうではなくて、今、目の前にいるこの子にとって、を知りたいのです。

現時点で、娘ちゃんは発達障害の診断は下りていません。以前に一度、スクリーニング検査は受けていますが陰性でした。メンタル系の疾患はもしかしたらあるのかもしれませんが、今のところは、慢性疲労症候群以外の診断名はドクターから言われていません。それでも、自閉スペクトラム症の診断がおりている弟よりも、彼女の方が、難しい年頃であるということを差し引いても、生きづらさを感じているであろうことは伝わってきます。ドクターやスクールカウンセラーさん、学校の先生方、親といったそれぞれの立場から見えるものを意見交換しながら、ながい目で見た時に、本人にとって、よりベターな道を模索する日々。ハウツー式にいくものではありません。

ひとりひとり違う、ひとりひとり得手不得手がある、でも、ひとりひとり違っていい。みんなそれぞれ違う事情や人生を背負っている中で、お互い、違いを認め合ってわかりあっていこうよ、と娘ちゃんの担任の先生はクラスの生徒たちによく話をされているそうです。その通りだよねって思います。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

真白

Author:真白
横浜市在住、発達障害の小1男子と、慢性疲労症候群の中1女子を抱える母です。

広告

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR