FC2ブログ

明日への足跡

子育ては毎日が戦争

Entries

遠すぎる道程


期末考査は大惨敗!


娘ちゃんの期末考査の結果が返ってきました。かろうじて許容範囲だったのは1科目のみ、あとは順調に(?)成績は下降の一途をたどっています。「なんでこんな点数しかとれないの?!」と怒るより、むしろ、2学期はちゃんと塾にも通えていたはずなのに、期末考査は2週間前からきちんとテスト対策で提出物をやらせることで試験範囲は一通りなぞらせたはずなのに、どこが間違っているの?と戸惑ってしまいました。

中学1年生の成績はいわゆる内申には直結しません。だから、この点数しかとれなかったということが問題ではなくて、特に英語や数学といった積み上げていくべき科目がきちんと積めていない、そのことが親としては不安材料なのです。もうすぐ冬休み、なんとかこの穴は埋めてやりたいところ、でも何をやらせたらいい?どう過ごさせたらいい?これまででわかっているのは、ただ「勉強しなさい」と言うだけではダメだということ。具体的に、この日はこの科目を、この教材のどこからどこまでをやろうね、というようにもっていかなくてはいけないので、本人と相談しながら、この連休明けに予定表を作りたいのですが、何からどう手をつけていいものか…。

なるべくしてなった結果


こういう時は素直にプロに相談です。塾に送り届けがてら、室長先生に少し時間をいただいて、話してみました。基本的には、中学校に入学してすぐの1学期末試験から比べると着実に難易度はあがっているから、点数そのものが下がってきてしまうのはある程度仕方ない部分もあるようなのですが、娘ちゃんの場合は、夏のあたり、体調が優れなくて、塾や学校を休みがちだった穴が響いていること、そして、試験勉強も、2学期の中間試験の時は、提出物をこなすことさえもできていなかったのが、期末試験は提出物だけはちゃんとできたけれど、みんなは事前に単元ごとに提出物はコツコツやってあって、最後の2週間は塾でテスト対策としての勉強(過去問など)に取り組んでいたのに、娘ちゃんは最後まで提出物だけに必死で、そこまでたどりつけていなかったのだから、テスト対策としてはやりこみが不十分だったということが先生の話で明らかになりました。特に、英語と数学はなまじ塾に行っているからこそ、学校の授業で、英語と数学は塾でフォローできるからいいよね、と本人は休みがちで、そうすると進度がわからなくなっているから、当然、事前にワークをやっておくこともできないということがあり、だから、範囲が発表されたから慌ててやっては、量が膨大過ぎて終わらない、という状態だったのだと。

また、テスト2週間前に試験範囲が発表されてから、今回は、私が学習プランを組んだわけですが。毎日、各教科をまんべんなく少しずつできるようにした予定表だったはずが、彼女は塾の自習室で得意(というか自分がやりやすい)科目からどんどんこなしていき、逆に苦手・嫌いな科目は後回しで、最後に慌ててやっつけるような感じだったそうです。予定を組んだだけではダメで、きちんと毎日、その通りこなせているか、を親がチェックすべきだったのに、毎日、「予定通りこなせてる?」とだけ声をかけて、本人の「うん」という返事を鵜呑みにしていました。

難しい舵取り


この先、仮に本人が公立よりも私立に進学したい、と望むのであれば、やはり学校の出席というのはかなりきっちりチェックされてしまうそうで、今のように、デフォルトは4時間目からの登校と言いつつ、時間割を見て、自分の行きたくない科目は間引くみたいなことはいつまでも続けられません。幸い、体調が大分よくなってきているので、普通にフルで学校にいさせようと思えばできなくはないはず。ただ、本人が今すぐはどうしても一部技能科目は参加したくないようで、そうなるとここからは学校との交渉になりますが、たとえば、3学期は、そういう科目だけを保健室登校にして、できるだけ、毎日、1時間目から6時間目までを学校で過ごせるように、主要科目だけでも全部出席できるようにできないものか。たとえば、今だったら、1時間目と2時間目が理科と社会、3時間目が体育、4時間目が音楽、5時間目に英語か数学、といった時間割だとしたら、確実に、1時間目と2時間目だけ受けて、5時間目の分は塾でやるからいいや、と早退してしまい、そうすると、英語と数学は試験直前に大量のワークと格闘するだけになって、点数を取りこぼす、という状態なので、それを避けるためには、出来る限り、学校で授業を受けさせるしかないのです。

今すぐ結論を出すべきことではないのですが、進学先、ということを考えた時に、どのレベルまでなら許容するのか、ということがいずれは問題になってきます。極端な話、この少子化の時代、名前を書きさえすれば入れる高校がないわけではありません。でも、どこでも行けるならそれでいいのか?と。もちろん、本人の気に入った、行きたいと思える学校にご縁があるならそれがベストですが、今のところ、本人がここなら、と思っている学校は届きそうにありません。ならば、とにかく入れる学校に行かせるのか?通えなくなる可能性の心配もそうですが、正直、どのレベルまでなら行く価値を感じられるのか、ということもあります。ただ、高卒の肩書が欲しいだけなら高卒認定試験もありますし、3年間、自堕落に過ごされるぐらいなら手に職をつけさせた方がよっぽどマシという考え方もあります。ただ本人はそれを願っていないのだとしたら、本人の望む幸せのかたちに近づくために、一緒に隣で走ってあげられる親でいたいな、と思う今日この頃です。いつの日か、「人生、万事塞翁が馬だね」と笑える日が来るといいのですが。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

真白

Author:真白
横浜市在住、発達障害の小1男子と、慢性疲労症候群の中1女子を抱える母です。

広告

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR