FC2ブログ

明日への足跡

子育ては毎日が戦争

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレンタインの思い出



バレンタインのエピソード



年末あたりからバタバタ忙しくて、しばらくこのブログをお休みしてしまいました。今日はバレンタインデーですね。

バレンタインデーになると思い出すことがあります。といっても、残念ながら甘酸っぱいロマンスの記憶ではなくて(苦笑)数年前、まだ息子くんが保育園に通っていた頃のことです。当時、保育園の近くにとある100円ショップがありまして、そこで、バッタリ同じクラスのママにお会いしました。その日はバレンタインデーで、そのママは熱心に可愛いラッピング用品を選んでいました。うちの娘ちゃんも、友チョコの手づくりなんてやっていましたから、てっきり手づくりチョコか何かのラッピングなんだろうなと特別気にもとめませんでした。

でも、会計の時、彼女が言うのです。バレンタインデーだから、うちの子にも経験として、プレゼントしてあげたくて、と。実は、彼女のお子さんは牛乳アレルギーでした。なので、チョコレートは当然NGです。けれど、男の子だし、世の中にバレンタイン=チョコをプレゼントといった風習がある以上、話題にもなるのに、食べられないからといって参加できないのは可哀想だから、食べられるお菓子をせめて可愛くラッピングしてプレゼントしてあげるの、ということでした。

アレルギーっ子と仲間たち



その当時、息子くんのクラスには牛乳アレルギーのお子さんが、もうひとりいました。もうひとりのお子さんの方がより重度で、口にすることはおろか、ちょっとでも触れればアレルギー反応が出てしまいます。その子のママさんは、わが子を守るために、そしてわが子を理解してもらうために、積極的にみんなに情報を公開していました。だから、仲間たちは、遠足や運動会などでおやつ交換をする時も、あらかじめ成分表を親同士でLINEして確認してもらった上で持たせたり、クラスでクッキングをする時も、たとえばホットケーキを作るとしたら、牛乳はなしで作ったらいいんじゃない?と子どもたちから自然に声があがりましたし、みんな、ごくごく普通に、アレルギーを個性のひとつとして、受け入れていました。

ただ、それはあくまでも少人数の保育園だからこそできたことです。小学校では給食になります。ある程度の除去食という対応まではできても、みんなと同じように同じものを一緒に食べるということは不可能です。担任ひとりで全員の安全を確保するためには、保育園の頃と同じように手厚くというのは難しく、そこまでは見きれないというのが現実でしょう。


お互いの目で見られたら



ことほどさように、きっと当事者でないとわからない大変さだったり、不便さや辛さもあるでしょう。それでも、バレンタインに義理だの友だのチョコを配るだけではなくて、こういうところにも目を向けるきっかけになったらいいな、と思うのです。まだまだ、アレルギーを偏食の延長のようにとらえていて、やれ、食べないのはワガママだの、母親のしつけがなってないだの、と無知によって、無意識のの刃というのがいっぱいあります。本当は一歩間違えば命の危険にもつながりかねないのに。ほんの少しでもみんなが正しい理解を持って、ありのままに当たり前に受け入れていける世の中だったらいいな、と。

そして、願わくば、発達障害のわが子たちも。見た目、【普通】だからこそ理解されづらいこと、本人たちが抱える生きづらさというのがあるわけですが。世の中に発達障害に関する情報がいっぱいあふれているけれど、それでも、ひとりひとり違います。これまたよかれと思ってであったとしても、無責任な言葉に、親はナーバスになることも多いですし、親や祖父母という立場であっても(だからこそ?)受け入れられない現実もかなりありますが、それでもひとりの親として願うのは、この子たちがただ幸せであってほしいということ。きっとアレルギーを持つお子さんと向き合うママたちの思いも同じなのではないでしょうか。



スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

真白

Author:真白
横浜市在住、発達障害の小1男子と、慢性疲労症候群の中1女子を抱える母です。

広告

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。